}奈良山友会 山行の記録

仙丈ヶ岳・甲斐駒ヶ岳

2005年9月16日夜〜9月18日

<メンバー>
L. Mt.冨士 SL.山の家
porori リギ、バヤリース、どろんこ

<コース・コースタイム>
<9月16日> JR奈良駅前レ ンタカー店集合20:00  JR奈良〜中央自動車道伊那IC〜仙流荘バス停(仮眠)
<9月17日> 6:00村営バス〜北沢峠(テント設営)〜仙丈ヶ岳〜(テント泊)
 <9月18日> 5:00テント発〜甲斐駒ケ岳〜12:00テント撤収〜帰路
仙流荘保養所にて風呂〜20:00近鉄平端駅解散

もとより未経験者対象のテント山行に参加が、自主山行合流ということで、
おおよその装備を買い揃えて初デ ビューの私としては不安なスタートでした。
必要最小限に絞り込んだのにザックはぱんぱん、電車を乗り継ぎ集合場所へ〜
レンタカーは手際よく準備されていて各々挨拶の後乗り込み次第出発できた。

 名阪国道、東名阪道、中央自動車道で途中必要物資を調達しながら伊那ICへ
一般道で長谷村南アルプス林道入り口仙流荘バス停へ、早めの到着で幸運にも休憩所では、6名が仮眠出来るスペースが空いていた。

 リーダーの目覚ましで5時に起き寝具をまとめて北沢峠行きバスに乗る。
既に夜は明けてるが全員大きなザックを膝に抱えて車窓は見えな い。

6:30頃到着、テント場へ移動して空きスペースに二張り設営、体調整えたらサブザックで仙丈ケ岳へLet's Go!
北沢峠7:40〜大滝頭五合目9:15、高度が上がると次第に展望が利き振り返れば甲斐駒ケ岳の容姿が"明日は待ってるぜ!"とそびえてる。
東方 に鳳凰三山、東南に北岳と教わった。
〜森林限界9:35、それらの遥か奥に富士山が頭を覗かせた時は感激でした。

富士山が望めるという事は高所に立ったと いうある種の象徴に思うからです。
〜小仙丈ヶ岳10:15〜稜線を左右脚下にカールをみて仙丈ケ岳頂上11:25、
先ずは一山登頂!本日は晴天なり!下 山は眼下の仙丈小屋を経て馬の背、藪沢方面へ、

"中秋名月きのこ月見鍋"かな?とにかく大層な名称の夕食を楽しみに北沢峠14:30無事下山した。

 各々身支度を解きくつろいだ格好で食器を手に鍋を囲んで輪状に腰を下した。
山の家シェフの腕前を拝見、今日は何度も解説を聞いてるので期待が先行する。
先ず全ての具を煮込みマイタケは60度で煮込む。卵の黄身で真丸の月、白身を雲 に見立てて鍋に満月を描く、月見鍋の構想である。



だいたいの予測はつくものの一応期待をしてみた。結果は正におぼろ月だった。
期待すればショックも大き い、しかし食すれば真丸二重〇のご馳走であったのが救われた。
色々戴いて満腹になり大変盛り上がった晩餐となった。
明日の朝食の能書きは絶対に聞かないで 寝よう。夜トイレに立ったとき空を見上げて中秋の名月を見た。

 疲れて寝たので昨夜は程々の睡眠が取れたのだろう。起床時刻4時前に目覚めた。
朝食は、わかめスープ、キャベツベーコン炒めにチーズバタークリーム入り レーズンパンを混ぜたもので結構美味かった。

後片付けと身支度をし5時甲斐駒ケ岳に向けて出発した。
仙水小屋、岩塊斜面、仙水峠6:10 此処から摩利支天を経て目指す甲斐駒ケ岳が見える。
眩い朝日を 受けながら高度を上げると、昨日訪れた仙丈ケ岳の雄姿、遠く北岳、更には中央アルプスまで遠望できる。
駒津峰7:45、いよいよ眼前に聳え立つ甲斐駒ケ岳 の岩場が頂上へと続き9:00登頂、
八ヶ岳全貌が見渡せる等360度有余りの絶景に浸る一時を過ごせました。感無量で本日も晴天なり。

別れを惜しみながら9:50頂上を後にした。1時のバスに乗るとして、下りを急がねば!
リーダーの激、摩利支天方向の巻き道〜駒津峰〜双児山〜とにかく急 ぎ駆け下って12:05に北沢峠、テント撤収、荷造り身支度、
ぱんぱんのザックを担いでバス停まで足取りは重かった。

列に並んでバスを待ち1:00のバス が満杯で続く臨時バスにて、うとうとしている間に仙流荘へ、
保養所の風呂で体調すっきり、軽くうどんを一杯食べて車に乗り込み元来た帰路へ、
近鉄平端駅8時 過ぎ無事帰着して解散、運転いただきお世話になりました。

 不安のうちに始めたこのアルプス、テント泊の山行経験は大きな自信となり、今後の私の山行に充分生きる事でしょう。

メンバーの皆様にはたいへんお世話になりました。是非また同行させて頂けます様お願いします。ありがとうございました。

文:バヤリ〜ス 写真:どろんこ