奈良山友会 山行の記録

北アルプス
霞沢岳
う なぎ、徳本峠を越す

  2005年9月22日(木曜日の夜)〜25日(日曜日)


霞沢岳

<メンバー>
  L. 山遊亭軟弱 SL. Mt.冨士
porori、山寺、山歩、おむすびコロリン

<コース・コースタイム>
<9月22日> 20:00近鉄平端駅集合〜駒ケ岳SA(仮眠)

<9月23日> 駒ケ岳SA 5:00→ 6:00 島々谷発電所前 6:25→二俣 7:25→
9:45 岩魚留小屋 10:05→12:03 力水 12:25 → 13:50 徳本峠

<9月24日> 徳本峠 5:30 → スタジオジャンクション 6:13→ ジャンクションピーク 6:37 → K1 8:45→
9:32 霞沢岳山頂(2,645m) 10:00 → K1 10:30→ ジャンクションピーク 12:20 → 13:05 徳本峠 13:30 →
明神館 14:55 → 小梨平 15:58


天気予報では23日は降水確率20%・24日=40%・25日=50%と雨男数人を抱えた悪条件にもかかわらず、
マイナスとマイナスでプラスに変わった のか、山行中は全く雨の心配も無く、良いお天気に恵まれました。

<23日>
徳本峠入り口の看板を見届け、島々谷林道を上り詰めますが、
これ以上はこの車では無理と判断し、島々谷発電所前(二俣まで25分手前)に駐車しました。

コロリン、膝を痛めてから2年ぶりのアルプスでもあり、
とりあえず二俣から岩魚留小屋までコースタイムで3時間!3時間!と覚悟と心配を胸に秘めて歩き始 めます。

二俣から岩魚留小屋まで標高差約300mで、楽な登りですが距離は長く感じます。延々川沿いを歩き、桟橋をいくつも渡ります。
水は飲み放題です。涼しい風 が岩魚留小屋まで吹き続き元気をくれます。


岩魚留小屋

岩魚留小屋に到着、小屋はいつの時代に建ったのでしょう?かなりのものです。
前の水槽に落ちる水で喉を潤し一息入れます。


岩魚止めの滝

こ れより、今夜のテント場(徳本峠小屋)に向けて出発です。
力水まではこれまでと同じ感じのコースでしたが、力水から勾配が急になり、L.軟弱さんの足 もスローになり、
コレ幸いと膝通の病みあがりコロリンと、足の故障の病み上がり山歩さん、両名にとっては願ったり叶ったりです。
(心の中は嬉しくて嬉しく て!!)

国会の牛歩よろしく、徳本峠小屋に到着、この小屋もかなりの歴史を感じさせる風情のある小屋です。
小屋の前のテント場からは穂高連峰が手に取るようです。 来てヨカッタ〜
穂高連峰を肴に、まずはビールで乾杯!今夜のメニューはキムチ鍋です。(暗くなるまで外で食事)雑談の後、6時就寝

<24日> 
4時半起床の予定が、周りのテントの声、物音で4時起床。
シェフpororiさんの作るホットドッグを2個食して、今日は霞沢岳に向けて出発です。

ジャンクションピークまでは右側に、時々、穂高連峰を眺めながら進みます。
登りばかりと思いきや、予想に反して(読図不足により)下りもたっぷりとありま す。K1ピークに着いた時にはヘトヘトです。
前に見えるピークが霞沢岳かと思ったら、それはK2ピークで、霞沢岳はその後ろに隠れていました。

でも、K1 ピークからは、這松帯で北側の下の方に帝国ホテルの赤い屋根が見え、焼岳、笠ヶ岳、穂高連峰、岳沢ヒュッテも見えています。
これより、ひと頑張りして霞 沢岳頂上に立ちました。
頂上山名板はプラスチックの古いもので、割れていて記念写真を撮るのに苦労しました。
(職業がら山名板ぐらい幾らでも作ってあげる のに邪魔かな?)


朝の雲海

昨日の道は水の豊富な水の山でしたが、今日のコースには水場が一つも無く、
メンバーの皆の水が底をつきそうで、他の登山者が梨を食べるのを見て、皆うらや ましがる事…

これから、徳本峠小屋まで下山ですが、行きも帰りもアップダウンがほぼ同じで、気が重くなります。(水も少ないので心細い事)
歩いた、歩いた、やっとの思いでテント場に帰り着きましたが、時間が早いので、小梨平に下りて、テントを張る事になりました。
そこで、明神で生ビールを飲 ませてくれとリーダーに提案すると、なぜか、そこからメンバーの歩行速度が微妙に早い事、早い事…

明神でビールを飲みつつ、今夜の食事はナ〜ニ?シェフpororiさん曰く、「うなぎ丼よ〜」
おいおい、アルプスでうなぎ丼とはビックリ!「うなぎ登り」とは言うけれど、島々宿から徳本峠に登り、
上高地に下って来たうなぎを食するなんて、 pororiさんご苦労さんです。
貴女のザックの中は玉手箱ですがな!夕食はうなぎで、皆盛り上がり、うなぎも大往生の事でしょう。

<25日>
今日も良い天気です。朝食を終え、テント撤収して、河童橋の向こう岸の喫茶店でコーヒーを飲みながら今回の山行を振り返ります。
この後、タクシーで二俣の 手前に置いた車を回収に行き、奈良へと走ります。
メンバーの皆様、大変、楽しかったです。食事は美味かったです。これからも麻呂を宜しく頼むでごじゃる!!


朝の梓川

文:おむすびコロリン 写真: porori