奈良山友会 山行の記録

花の山行
カタクリとショウジョウバカマを求めて
葛城山 金剛山

2005年4月9日(日)

L.クー 参加者6人

近鉄御所駅発 8:12のバスでロープウェイ駅に行く。
(今回長距離になるので、ゆっくり花の観賞をしたいので、山友会としては不本意ながらバス利用とする)

上々の天気で、衣服を脱ぎながら、ロープウェイ山上駅に着く。
自然研究路を行くがカタクリはやっと蕾が膨らみかけた状態で10日ほど早いようだ。

あきら めてキャンプ場から青崩れの方に進む。
キャンプ場を過ぎた左手にもカタクリの群生地があるが、ここも同じように、やっと蕾が出てきた状態である。

少し進むとショウジョウバカマの群生地がある が、ここも蕾がわずかに見とめられるだけであった。
あきらめて青崩まで下り、昼食とする。昼食後の金剛山への登りはまた大変である。
カタクリの群生地もあきらめて、国見城址山頂に着く。

最後 の望みをかけて、千早園地に行く。やっと出会えました、カタクリ。
でもなんだか、やせていて、ちっぽけです。

フクジュソウも満開でしたが、丈が高くてヒョ ロヒョロしていて、雪の中から覗いたフクジュソウとは違う花のようです。

今日の一番のヒットはキクザキイチゲでした。白、紫、薄紫が入り混じって沢山咲い ていました。可憐で清楚で素敵な花です。

カタクリとショウジョウバカマの群落は駄目でしたが、キクザキイチゲで満足して、北宇智方面に下りました。

車道に出るとあちこちで満開の桜もおまけで見 られました。

ショウジョウバカマ スズシロソウ ツルカノコソウ ヤマルリソウ カタクリ
キクザキイチゲ クサノオウ オオイヌノフグリ タチツボスミレ キクザキイチゲ


文・写真:クー