奈良山友会 山行の記録

伊吹山

2005年3月20日 曇り

 
積雪は五合目以上、頂上は2m

<メンバー>
L.軟弱 SL.porori、リギ、せーちゃん

<コース・コースタイム>
近鉄八木駅 6:15 − 新大宮 6:45 − 8:35 伊吹三合目 8:50 〜 
  9:40 六合目(アイゼン装着) 9:50 〜 10:24 九合目 〜
10:30 頂上 1,377m (昼食) 11:00 〜 11:50 五合目 〜 12:10 三合目(車) 12:30 − 14:20 新大宮


  計画より15分早く新大宮を出発、連休中日、道中混むことも無く伊吹に到着。
登山口の駐車場には既に数台停車してあり、2組ほどのパーティーが準備中で あった。

我々はL.の事前調査もあって車で一気に三合目に(8:35)。歩けば三合目までは一時間余りかかりそう。
途中何人かの登山者を車中から見かけ、互いに目と 目を合わせ、すごく得した気分になり“みんな大満足”、足取りも軽く登頂開始(8:50)となった。

雪の殆ど無くなったゲレンデを登り9:00には四合目、伊吹頂上まで2.7kmの道標に従い登山道に入る。
高度を上げるにつれて雪が多くなり、六合目 (9:40)から見上げれば、
雪の斜面を頂上まで直登出来そうなため、一服してここでアイゼンを装着することとした。

日に照らされ、雨に打たれ、風にさらされた雪は、トレースがあるものの氷のように固く歩きにくい、
L.の「蹴り込むようにアイゼンを利かせて」の 指示を実践しつつ直登し、一気に高度を稼ぎほぼ40分で九合目(10:24)まで登りきった。
振り返れば足のすくむような急坂であったが、遠く三合目のス タート地点を望めば、その達成感は一層の喜びであった。


(小さな板のついた道標が垂直)

 九合目を過ぎると伊吹の誇るお花畑であるが今は一面雪の下、
わずかに見える周遊道路の柵が、下がお花畑であると主張している。
その雪に下で遅い春にむけ て日一日と草花が成長していると思うと、自然の営みの壮大さに感服するのみである。

頂上に立った(10:30)後、雪が屋根まで積もったお土産屋とお土産屋の間で、風を避けながら昼食を取った(10:30-11:00)。

曇天ではあったが琵琶湖、福井・岐阜・三重・滋賀の山々の眺望を楽しむことが出来た。
本来なら今日登ることとなっていた「金糞岳」を眺め、近く再チャレン ジを心に誓い、風も強く気温も低いため早々に下山することとした。

足跡ひとつ無い白く真平ら雪原を、我々だけの足跡を残しながら、名残惜しい頂を後にして、直登してきた急坂を避け登山道を下ることにした。
途中何組かの パーティーと出会ったが、ズック靴で登って来た若い女性二人に出くわしたのには一同びっくり、
事故無く無事に下山することを祈るのみであった。

雪の上をすべるように下山、途中一服して、今登ってきた急坂を振り返り(11:30)、
 この時期だからこそ出来た雪上の直登に、伊吹の醍醐味を再認識、 違う表情を見せる伊吹にまた会いに来ることを約束した。

頂上から50分で五合目に(11:50)、12:10には三合目のスタート地点に到着。

荷物を片付け全員乗車、さあー出発と、アクセルを踏むも空しく前輪がスリップ、車が全く動かない。
よく見れば後輪の下の雪が溶けて(重みかな? )、タイヤが4分の1埋まった状態。
ピッケルで雪を掻き出し、3人で車の後を押して無事脱出、家路へとついた (12:30)。
名神・京和奈を乗継14:20には新大宮に無事帰着した。

 新大宮を15分早くスタートし、結果として順調過ぎるぐらいの超特急での山行となりました。
登山口の1,000円の駐車場を避け車で三合目まで登り、徒歩 の往復2時間を節約。
これもL.の事前調査の賜物と参加者一堂、深く感謝いたしております。

何事も、事前準備と、早め早めの行動が、良い結果につながるようです。以後常に心がけるようにいたします。

注:今回の登山目的は「金糞岳」であったが、林道が雪で通行止めのため急遽「伊吹山」に変更した。

    
   
文・写真:せーちゃん