奈良山友会 山行の記録

堂満岳の雪と遊ぶ!

2005年1月23日
曇りのち晴れ 無風 雪多し


金糞峠まであと一息!

<メンバー>
L.ハッピーエンド 山遊亭軟弱、薩摩隼人、トレモロ、N谷、porori

<コース・コースタイム>
イン谷口 9:50→青ガレ 11:02→金糞峠 11:45→堂満手前のピーク 12:40(昼食)13:20
→堂満岳1,057m 13:25→ノタノホリ 14:40→比良駅 15:45


京都を過ぎると湖西線の駅はもう雪です。
冬の琵琶湖と比良の山、湖西線の窓から見えるこの景色が好きです。それで雪を見ると尚うれしくなります。

ロープウェイがなくなり静かな山と思っていたのに、比良駅ではどっと登山者がお りて驚きました。
登山口までタクシーを2台予約入れておいたのに1台しか来てくれないし、
雪のため登山口までは入れないと言われて、「ウンン…それっ て???」と内心ムクレテいます。
(タクシーは昨年暮れからスタッドレスのはず、入れないではなくて行きたくない、客が多いからピストンをして稼ぐ?みた いです)
比良駅ではタクシーの常駐はありませんので、利用する場合は予約が必要です。

イン谷口まで15分ほどのウオーミングアップになりました。
駅でも大勢の人でしたし、道路にも登山口周辺にも結構駐車しています。やっぱり雪の比良は大人 気のようです。

雪は思いのほか多くルンルン気分で歩き始めますが無風状態ですぐに汗いっぱい、
服装調節のために休んだところで皆さん竹の子の皮をはぐようにどんどん脱い でいます。背中から湯気が上がっている人もいました。
青ガレを前にアイゼンをつけます。
今日は雪山チーム初級山行と言うことで、急登でのピッケルの持ち方、使い方、アイゼンを着けた歩き方、
急登では前爪を利 かせる等改めてリーダーから注意があります。11月のアイゼンワークを思い出してイメージします。

青ガレの岩はすっかり雪に埋もれてガレは見えません。これはラッキー!!
トレースもしっかりあるのでアイゼンを着ければこの登りは楽です。
一面真っ白の雪はそれだけでうれしくサクサクとアイゼンを利かせ小1時間ほど雪を楽しんで金糞峠に到着です。
大きな琵琶湖が拡がって上から見る冬の湖は動 かず鈍い色をたたえて静かです。


金糞峠から

金糞峠でも珍しく風がなくお腹が空いたので一息入れます。
峠から堂満への稜線はずっと琵琶湖と一緒に歩きます。稜線上は湖側がガレて風当たりの強いところですが、
今日は風もなく穏やか、雪いっぱい〜、展望バッチ リ!と3拍子揃って楽しみます。
後方には最高峰の武奈ヶ岳と西南稜が真っ白です。「たくさん登ってるわ」と双眼鏡を取り出して軟弱さん。

この稜線はシャクナゲの群生地、雪に殆ど埋もれていますがかわいい蕾をたくさんつけています。
あの鮮やかな透けるようなピンクの花がいっせいに開くのは GWの頃でしょうか?
雪の上に顔を出した健気なシャクナゲにエールを送ります。

谷側から人の声が聞こえて来ます。
そう言えば駅でヘルメットや金物やザイルの重装備の人もたくさんいましたが堂満ルンゼを上っているのでしょう、
雪まみれ でひょんな所でヌッと出会うかも知れません。
(あとで本当に出会いました。道なき灌木の中からヘルメット姿で雪まみれオジサマと)

山頂が見えてきましたが人でいっぱい、賑わって座るところもなさそうです。
手前の展望の良いピークは新雪でフカフカ、
そこで雪を固めて座り穏やかな琵琶湖と真っ白い伊吹、霊仙、鈴鹿の山を眺めながらの昼食は最高に気分の良いもの で、
本日のスペシャルシートでした。

山頂はいつもの山名板がすっかり雪に埋もれて小山になっています。
人も多く集合写真をとってすぐ下山、堂満東稜を下ります。
山頂直下はかなりの斜度で再度 リーダーからアイゼンを引っ掛けないように、慎重に、ゆっくりとの注意があります。
しっかりアイゼンの全爪で雪を捉えるように注意して下りますが、木には 白い花が咲いたように雪がつき、
しばらくとても展望が良いのでつい見とれて足を止めてしまいます。
息のぬけない急斜面で一気に高度が下がり、それを過ぎる と傾斜も緩み自然林の快適な空間が続きます。
林の中に描かれた白い1本のトレースを辿ればメルヘンの国へ行けるのでしょうか?そんな錯覚を覚えます。

岩混じりの小さな谷筋になり、ここは雪がなく水の中や岩の上でアイゼンが悲鳴をあげています。
今日始めてのドロ道でした。


池(ノタノホリ)は凍りついてとてもきれいです。

ノタノホリは真っ白に凍っています。
山中にしては大きな池で夏はカエルの大合唱?今は雪積もらせて静かで神秘的です。

ここまで来ればあとわずか、雪も少なくアイゼンを外します。
「国鉄比良駅」と書かれた標示板(もう何年前になるのでしょう、記憶にさえ定かではありません)に従って比良駅まで下ります。

今日も1日雪と遊びました。
雪って楽しい〜!雪って優しい〜!もっと遊んでいたい心を残して帰ります。


文・写真:porori


きれいな姿の堂満岳(中央)