奈良山友会 山行の記録

八ヶ岳
美濃戸口〜行者小屋〜赤岳

2003年3月13日〜14日


行者尾根の途中から阿弥陀岳

<メンバー>
L.ハッピーエンド
山遊亭軟弱、山の家、Mt.冨士、山歩


夜叉神から帰ってきて、先の丸くなった、ピッケルとアイゼンを研ぎました。

‹3月13日> 快晴
近鉄平端駅6時30分集合。営業用レンタカーに荷物を積み込み出発。

今回は当日発だったので、雲の掛かっていない恵那山、中央アルプス、南アルプスの景色を見ながら美濃戸口に12時30分着。
駐車場には50台ぐらいの車が有り、遠くは室蘭ナンバーの車も。

12時55分美濃戸口発。雪は無いけど所々アイスバーンになっている林道を歩きます。
雪山に来たのに暖かく、テントを持った山の家さんは半袖姿。 緩やかな登りを1時間位で美濃戸山荘。
堰堤を越え柳川南沢の雪解け水の流れを見ていると、唱歌の春の小川を歌いたくなるような陽気です。

 樹林帯の中を太陽の光を背にうけ、前方には阿弥陀岳を見ながら黙々と登ります。
左岸から右岸に渡ったところでアイゼンを付けます。
雪原の白河原から真上 に見上げる大きな阿弥陀岳、正面に大同心、小同心の岩峰が鮮明に。
この辺りまで登ってくると雪も深く、風も冷たく気温も下がりだして足が冷たくなる。

4時間ほど歩いて16時55分行者小屋着。温度はマイナス8度。手が冷たい。テント場には20張り程。
積雪1m程。駐車場の八ヶ岳山荘で聞いた雪の情報 では行者小屋辺りは雪は無いといっていたが、
雪国の人はこのくらいの雪なら無いと言うのだろうか。スコップを置いてきたので足で踏み固めてテント設営。
ツ エルトに必要外のものを包み込みテントに入りお疲れのさまの乾杯。
今回の夜食は大阪王将餃子と焼きそば。テントの中で餃子を食べるなんて最高。
飲んで食べ て、喋って20時頃就寝。夜は星空が綺麗です。

 <3月14日> 快晴
5時起床
パンとスープの軽い朝食。冬山完全装備で6時30分出発。
 地蔵尾根への登り始めは緩やかな樹林帯の中ですが段々傾斜もキツクなりだす。
最初の鎖場を過ぎ階段になった所で左側は切れ込んでいて赤茶けた岩肌が所所に出ている、
鎖をしっかり持ち足元を確かめ慎重に登る。


夕焼けに染まる横岳

 地蔵の頭7時50分着。ここから北に横岳、西に阿弥陀岳が大きく見える。
地蔵尾根を登り、赤岳への稜線を見て、舞い上がる雪煙、
緊張と足の疲れでメン バーの人に迷惑が掛けたらいけないと思い、赤岳天望荘で待つ事にする。
待っている時稜線を歩くL.の黄色と山の家さんの赤い服装がよく目立つ。
赤岳山頂8時32分着。4人は山頂でどんな景色を見たのだろう?

 下山の時、地蔵尾根を登る20人ぐらいのツアー登山者と4人でロープを繋いだ2組。
ピッケルも立たないところで、もし滑落したら確保出来るのだろうか。
鎖、階段の急斜面も慎重に降り9時55分無事にテント場着。
テントを撤収し、アイゼンを付けて3時間ぐらいで美濃戸口着。
赤岳山荘で風呂に入り食事をして帰路についた。

 美濃戸山荘からから少し降りた辺りで、御柱祭に使う材木?それとも祭りの練習?
ハッピ姿の青年数人が切り出した材木2本に乗り調子を取りながら車に引っ張られ降りていました。
里では祭りの用意と、観覧席の準備がしてありました。


文:山歩 写真:山遊亭軟弱


 
阿弥陀を目前に地蔵尾根を下る           柳沢 南沢の 広い河原を下る