奈良山友会 山行の記録

伊那佐山

2004年2月1日

登ってきた伊那佐山を振り返る

<メンバー>
L.円の亡者
ナカノオオエ、リギ、ロザリア、F川、どろんこ、のんぶー

<コース・コースタイム>
     榛原駅 9:00 → 井足岳 11:05 → 12:10 伊那佐山 12:50 →山路 13:20 → 榛原駅 15:00

いつもこのあたりを車で通ると「あの山が○○で、あっちの山が○○で・・・」と、名前だけは知っていても実は登っていない山がたくさんある。
今日の伊那佐 山もその一つ。前日行った大雪の和佐又山とは大違いの春を感じさせる里山ハイクを楽しんだ。

榛原駅9時半に集合。高見山や三峰山への霧氷号はついさっき出たばかりのようだ。
でもどちらへ行く人たちだか、積み残しの人たちがまだ何人かいた様子。
人 数が少なくてももう1台出るのかな?・・・などと横目で様子を見ながらみんなを探す。
集合時間より早く着いたロザリアさんは霧氷号の人ごみにもまれながら待ってくれていたらしい。
そして残りのメンバーたちは、その霧氷号の出発後、人気が少なく なった駅の階段をゆっくりと下りてきた。
 
今日は全部で7人。リーダーの指示に従い、まずは榛原高校近くの登山口を目指す。
リーダーの地図の他、今日はナカノオオエさんがGPSを持参してくれているとのこと で心強い。
はなからお気楽ハイクだと決め込んでいる私たち女性陣は朝からにぎやかにおしゃべりをしながら先頭の男性2人について行く。
でもこの時点では後 にヤブ漕ぎを強いられるなんてことはまったく考えてもいなかった。

ルートも後で分かったことだが、ナカノオオエさんの萩原からのコースの方が確実だったのに、
リー ダーの「最短距離で行く!」と言う甘い言葉?!に惑わされ た。
これまた後でよ〜く考えるとそれはヤブ漕ぎ、直登ってことだったのにね!


猿岩から竜門岳方面

 登山口は榛原高校から少し登った所にある法清寺というお寺。そこからは確かに山に向 かって続いている道がある。
念のため、外におられた 法清寺のご住職に確認してみたところ「まれにここから登る人もいる」との言葉にひと安心。自信を持ってスタートする。

しかし、お寺から左手に進んで行くと 早くもいきなり道がなくなった。それならあっちとばかりに引き返して今度は右へ。でもこちらも・・・。
う〜ん!何度も男性2人が地図で確認。ここで少々い やな予感。まさか?予感は的中し、リーダーが「ここから行くで〜!」と。
そして登り始めてからも「みんなすまんな〜!」とか言いながらなんだか顔は嬉しそ う。
ご住職のおっしゃった「まれに」とはこのルートのことかい!?

とにかく、みんな一応おとなしく、しかし、息は荒くフーフー言いながら登って行く。
樹林帯の中のイバラや倒木をまたいだり、くぐったりしながら登っている と今日の陽気では暑くて休憩の時に一枚脱ぐ。

今日はひょっとしてずっとこのまま?・・・なんてことを思いながら歩き出したら突然テープが!
それを見たみんなは「やったー!」と歓声を上げる。里山なの に・・・でもなんだか不思議な一体感!
ここはナカノオオエさんが最初に考えていた萩原からのルートと合流しているらしく、すぐに平らなピークに出た。
山名板によるとここはつるつる岳(538m)だって。 周りに木はたくさんあるのにおもしろい名前だね。

ここから井足岳へ向かう。井足岳(555m)で記念撮影(結局、失敗だったそうで・・・)をした後、今度は伊那佐山へ。
途中からヤブや背丈の大きい笹道に なり腕や顔に当たって痛い。中途半端な背丈な私は万歳しながら歩いた。
でもヤブ道もこの時季でまだよかったよぉ。

あとは山頂に向かって登るだけとなった所に「これよりイダニ岳、桧牧方面への山道はハイキングや登山に適しません。
(榛原方面は林道奥の森線を下る)榛原 町観光協会」という看板があった。
私たちは井足岳から来たんだけど、よかったのかしら?

段々登って行くと右手下の方に榛原の町並みが見えた。間もなく伊那佐山(637m)の山頂のようだ。

山頂に到着。先頭の人から順々に三等三角点にタッチして行く。
そこには建物があり、表に回ってはじめて都賀那岐神社だとわかった。
向こうに烏塒屋山、音羽三山、竜門岳が見えた。いつものことながら山頂で展望を楽しみながら山の名前を教えてもらえるのが嬉しい。
リーダーが「今度はあの 山に行こうや!」と言うとみんなも「行こう、行こう!」と答える。
こんな会話も気が合う仲間たちとの山行だからやなぁと思う。

ゆっくり昼食を食べながら休憩をして、また記念写真を撮った後はもう降りるだけ。
ここからの道はなんて歩きやすいの。そうなるとまた「登りとは全然違うえ え道や〜」と誰かが言う。
下りかけてすぐに「猿岩展望台」との看板があった。どんなんかな?とちょっと寄り道。
結局、何が猿石だったのかよくわからなかったが、切り立った岩の上か らの展望を楽しむことができた。
 歩きやすい道だったのと、たくさんの樹木名のプレートを見ながら会話もはずみ、下山口の山路の集落にはあっと言う間に着いてしまった。

帰りは静かでのんびりとした山里の風景を楽しみながら榛原駅まで歩くことにする。
歩きかけて振り返ると後ろから突然40人ぐらいの団体(某山岳会)が現れ た。
聞くところによると、今日は公開山行で私たちと同じ伊那佐山だったとのこと。途中は一度も会わなかったのにね。
いつの間にか、私たちはその団体の中に混ざって農免道路を一緒に歩いた。
駅まではなかなかの距離だったけれど、
途中からは前方に鳥見山、貝ケ平山、香酔 山、額井岳、戒場山の美しい山並みを見ながら歩けたので疲れも感じなかった。
また今日のようなのんびり、ドギドキハイクに行きたいものだ。


文:のんぶー 写真:円