奈良山友会 山行の記録

大峰前衛
柏原山

2004年1月18日 快晴



<メンバー>
L.円の亡者 SL.のんぶー
ショコラ F川 村長 こまくさ

集合  近鉄吉野線 下市口 7時42分

飛 鳥を越えたあたりから車窓は雪景色に変わり、大和下市に着いてから道路凍結の為に乗合バスで行くことになる。
7時50分、一人寝過ごされて5人で乗合バスに。

黒滝村に着いた所でバス乗換え、迎えに来て下さったのんぶーさんも加わり6人で乗合バスに。
他に乗客はおらず貸切状態、黒滝村中戸下車。

9時半登山開始。ゆるやかな舗装道路が凍っていて転倒、他の方もこけそうになる。雪が残っている所を歩いて行 く。
見下ろす村の屋根は真白の雪景色、15分程で柏原山登山口に、ここからは20cm程雪が積もっている。
赤松が多く「松茸山入山禁止」とロープが張られている所がある。

突然、円さんが「先頭は損だ、雪が靴に入って」とスパッツを装着。
誰も歩いた跡がなく時折鹿らしき小さな足跡、ふかふかの雪が心地良い。

朝早かったのとずっと登りでお腹が鳴った時タイミングよく、のんぶーさん手作りのおぜんざいをいただく。
暖まって元気も出てくる。頂上近くで林道に出る。そ こを過ぎて最後の急な登りで頂上11時30分着。
ここは見晴らしが良くないので少し進んで鉄塔の所で昼食、良い天気で風もなく、雪の上に座っているのに寒 くない。
大峰山系の山を見渡しながら山の名前を聞く。四寸岩山、大所山がはっきり見える。
円さんにお湯を沸かしてもらって飲物をよばれ温まる。

12時20分出発。下りはマキの植林の間のゆるやかな坂道、大分下った所に民家が2軒、雪が積もっていると大変なのでは…と思ってしまう。
13時15分、赤滝の集落に到着。しばらく川沿いに歩く。透き通った川底の赤い岩が美しい。
13時40分上中戸に戻る。バスは14時46分なのでここで待っているよりは、と2つ程先のバス停まで歩く。
「黒滝案内センター」までバスに乗り次のバス を待っていると、ここに車を停めておられたのんぶーさんが下市まで送ってあげるという事で御好意に甘える。
円さん、のんぶーさんお世話になりました。


尾根歩き

大天井ケ岳と大所山 昼食

文:こまくさ  写真:円