奈良山友会 山行の記録

今度は行けるかな、やっぱりちょっとだけだった
八ヶ岳
縞枯山、茶臼山、丸山、中山、東天狗岳、根石岳、硫黄岳、横岳

2003年10月11日〜12日


東天狗

<メンバー>
L.山遊亭軟弱
Mt.冨士、porori、リギ、山の家

またまた、山行が近づいてくるにしたがってだんだ ん下り坂になってくる天気予報。今年 後半の山行を象徴するような始まりになる。
  10月11日夜中の1時過ぎにピラタスロープウエイ下の駐車場でテントを張り、乾杯して一眠り。

朝起きると天気はまあまあ、高曇りだが遠くのアルプスはよく見える。一 番のロープウエイで山頂駅へに上がる。
 意外に混んでなく連休なのにと思うが、場所によって人出がかなり違うことを後で知ることになる。
いかにも溶岩で出来ているとよく分かる坪庭を一回りして 雨池峠に向かう。
少し高い所にあがると南アルプス、中央アルプス、御嶽が少し霞んではいるがきれいに見える。

 雨池峠に向かう木道の横には昨夜の冷え込みによる霜柱がたくさん見える。そういえば夕べは寒かった。
いかにも北八つという感じのシラビソの森を行くと空 気まで新鮮に感じてしまう。
縞枯山頂の展望はさっぱりだが、少し先の展望台からは320度くらいの展望が楽しめる。
 
たくさんの人が岩の上で賑やかである。北・南・中央アルプス、御嶽そしてあまりなじみがない奥秩父の山々。
すごく良い展望だが、高曇りで青空が見えないの はいかにも残念である。
縞枯山だけではなくあちこちで見られる縞枯れ現象を眺めながら縦走する。またこの山域は家族連れが目立つ。


見ての通りの縞枯れ


麦草峠と南八ヶ岳

 山道から突然、国道が走っている麦草峠に出たと たん、たくさんの車と人で、今までの自然が主人公の世界から、全く場違いな世界に出た感じだ。
舗装路を渡り少し登るとまた自然の中へ戻る。
高見石ではガラガラの岩の上に登ると、すぐ目の下に白駒池が見え、
池の縁にはドウダンツツジの紅葉とさらに周りの落葉松?の黄色い紅葉の鮮やかなコント ラストがすばらしい。
 中山峠が近づいてくると佐久側の斜面に大きなスケールで筋状に黄色く落葉松の紅葉が広がり、
前方には近くに東西の天狗岳、そのすぐ奥に硫黄岳の爆裂火口 が見えてくる。何回見てもこの迫力はすごい。


高見石から白駒池

10月12日

 あんまり良い天気ではないがとりあえずは降っていないので暗いうちに出発。
東天狗岳までは何とか降らずに来たが、ここでガスがかかったりで もう一つの空模様になる。

 硫黄岳の登りから本格的に悪くなり稜線に出ると強風で歩きづらいくらいの強さである。横岳の縦走にかかるが、ガスと強風で何にも見えない。
こんな天気な のに結構な人出で、岩場・鎖場のすれ違いで時間がかかる。さすがに人気の八ヶ岳というべきか。

 ガスで見通しはきかないし先の天気も良くなさそうなので、地蔵尾根の分岐で下山を決定、一直線に行者小屋まで下る。
ここでもすごい人出で稜線上の天気を考えると信じられない。相変わらず視界は効かず上の方はガスの中である。
下るに従って紅葉が鮮やかになり中腹は秋 真っ盛り。美濃戸口からタクシーで車に戻り1日早い帰宅となった。


文・写真:山遊亭軟弱