奈良山友会 山行の記録

三の峰

2003年10月4日〜5日



<メンバー>
L.ハッピーエンド、ロザリア、porori、リギ、K

<コース・コースタイム>
三の峰登山口6:10−六本檜7:20−剣ガ岩8:00−三の峰避難小屋9:10−三の峰9:20 休憩
頂上出発10:05−登山口12:15−刈込池12:50−駐車場13:35


白山に近く見晴らしのいい、名前もなんとなく山と思えないこの山を前々から興味を持っていた。
去年、紅葉の素晴らしい刈込池の近くまで行きな がら、行けなくなって残念に思っていたのでぜひ行きたいと思っていた山である。

前夜泊のため4日昼前、奈良を出発し車で北陸自動車道福井ICから大野を経て勝原か ら鳩ヶ湯温泉を通り、
山道を ずっと登った所の上小池キャンプ場にテントを張った。
キャンプ場に着いた時、雨がぽろぽろ降ってきた。
急いでテントを張って食事の準備にとりかかろうとし たら雨は小ぶりから止んで、外でする事にした。
山の天気は本当にわからない。
ここはトイレも炊事場もあり、整備されていた。私達の他にもう1つテントがあっただけだ。

次の日、キャンプ場から上小池駐車場に車を置きそこから少し下ると打波川が岩を縫いながら流れている。
暫く林道を歩くと三の峰登山口がある。

6時10分登山口を出発。いきなり急登で私は最初、付いていけるか心配になった。
暫く登っていくとなだらかになったり急になったりを繰り返しながら樹林帯 の中を進んでいく。
美しいブナの林や真っ赤な実をつけたナナカマドが私達を迎えてくれる。
右手に山並みが見えて見晴らしが良くなってくる。さらに急な坂を 登りつめて尾根にでた。


素晴らしい登りの眺め

そこが6本檜 7時20分到着。
すぐ目の前に三の峰がそびえたって見える。辺りを見渡すと遠くかなたの山々が見えてすばらしい。
振り返れば能郷白 山、大日ヶ岳ではないかとおもわれる山が浮き上がっている。
右に進路をとり尾根の道を展望を楽しみながら登っていく。
1時間ほどくねくね登っていくと剣ガ 岩にでる。
登りでは気がつかなかったけど下山のとき振り返って見ると大きな岩が突き出ているではありませんか。
そこから尾根伝いに進みガレ場を通りながら かなたに見える三の峰をめざします。
別山、白山も見えてきます。山道のところどころにりんどうの花が喘ぎあえぎ登っている私達を和ませてくれます。
振り向 いて下を見ると登って来た稜線がはっきりとわかり今更ながら高さを実感します。

 頂上に近づくにつれ山は秋色に衣替えをしていきます。
やがて左へカーブしてトラバースすると避難小屋へ着き、小休止の後、なだらかな道を10分ほど行く と山頂に到着。9時20分。
頂上は360度のパノラマで真正面に別山がそびえたち、その後ろに白山がのぞいています。


三の峰から別山、白山

東のかなたには御岳、乗鞍岳、西には赤兔山、大長山、南には石徹白の山々が一望でき贅沢なながめです。
軽い食事と写真を撮って頂上を後にして元きた道を下る。10時05分 

 一気に下山していくリーダーの後を追って足元に注意しながら下りていきます。
日差しも強くなり暑さを感じながら周りの景色を惜しみつつどんどん下ってい きました。
樹林帯のところまで来ると紅葉しかけたブナやスギなどの木洩れ陽が秋を感じさせてくれます。
いつも下山する時思うのですがこの道を私達が登って きたのかと疑うぐらい長い長い道のりです。
やっと登山口着 12時15分。

 林道を通って刈込池に向かいます。
大きな石の階段を登っていくとブナやトチノキなどの原生林の林が続き気持ちよくほんとうに美しい。
ブナの林の間から刈 込池が見え三の峰が写っている所を探す。


刈込池から三の峰

紅葉には少し早かったが湖面に映る三の峰を見ることが出来満足でした。
そこから600段以上ある階段を降りて駐車 場に帰った。13時35分


白山へも通じる三の峰、目の前にどっかり据えた別山、
どこまでも続く峰々を私の胸にしっかりとしまいこんでこの思い出の山行は終わりました。

メンバーのみなさん、ほんとうにお世話になりありがとうございました。


文:ロザリア  写真:porori