奈良山友会 山行の記録

台高山系
迷 岳
車道で迷うだけ

2003年5月18日(日) 曇りのち晴れ


唐谷林道出合から三峰山・栗ノ木岳方面

<メンバー>
L. おむすびコロリン SL.porori
リギ、kazukun、Tさん、ロザリア

<コース・コースタイム>
登山口駐車場8:50−飯盛山10:05−
12:08 迷岳1,309m 13:00−唐谷分岐13:30−唐谷林道 終点14:45 −
登山口駐車場15:30 (近 鉄八木駅解散17:50)


コロリン、シャクナゲが見たいので、週の初めに急に山行を企画したところ、5人の参加がありました。
そうと決まれば、後は天気が気にかかります。週間予報とにらめっこ…。
日曜日はヤバイ感じでしたが、当日は「ラッキー!」でした。
近鉄八木駅7時出発、天気は大丈夫だし、ルンルン気分で車を飛ばします。
高見トンネルを抜け、スメールまで後10kmの看板も目にしながら走ります。

しかし、元来がおしゃべりコロリン、車中、話に夢中になり166号線から右折しなければいけない交差点をつい通りすごし、
走行距離メーターを見れば70kmを過ぎています。

左前方にかつて登った「局ガ岳が見えるではア〜リマセンカ!」これは間違った・・・と車を止め、
後続のkazukunにテレながら「バックしま〜す、バックしま〜す。」(佐川急便じゃあるまいし…)と伝えます。
往復26kmの遠回りです。皆さん迷岳は山道で迷うのじゃなくて、一般道で迷うのですよ!くれぐれも気をつけてね!
「そんなヤツはおらんやろ!」とお思いでしょうが、ここにコロリン一人居ります。
「アアー、恥ずかしい!」今日は朝からついていないパート1

そんなこんなで、参加者市中引き回しの上、登山口8:50出発します。最初の30分で休憩を入れます。

植林の急登で皆、汗いっぱいです。突然、kazukunが、「コロリンさん、あれどうするの?」と聞くので、
私のザックの中のコーヒーゼリーのおねだりかなと思ったら、山行記事を誰に書いてもらうのかと言うことでした。

皆、汗は良くかくのですが、山行文はかきません!リーダーが指名すれば良いとの声もありましたが、
6人全員でジャンケンをして決めよう!それが無難、、と私が提案、結局みごとに言いだしっぺの私に決まりました。
(なんでこ〜なるの!!何も無難じゃなかった、、)今日は朝からついていないパート2

「こうなったら、開き直って汗もかいたる、山行記も書いたる!恥もかいたる!」

1本目の休憩から30分ほどで稜線に上がります。稜線のシャクナゲと思って、あちらこちら見ますが花はありません。もう遅いのかな?

稜線からは左側に植林、右側に蓮ダムの湖面を見下ろしながら、やせ尾根をどんどん高度を上げて行きます。
飯盛山の前後ぐらいから、シャクナゲの花がありましたが、ほんの申し訳程度です(本当にしゃくなげ!)。
今日は朝からついていないパート3

でも、赤いツツジとシロヤシオの花を見ながら頂上に着きます。頂上には、子供を含めて12〜3人の人達が食事を終わった所でした。
かなり大きなお鍋があり、もう少し早ければトン汁をあげたのに!だって…
今日は朝からついていないパート4


唐谷コースを下山

昼食をゆったりと45分とり、13:00下山にかかります。唐谷方面分岐まで30分、そこから右に下ります。
ほとんど植林の中を歩き、沢を2本渡ります。
木の間からいくつかの滝が左手に見えましたが、滝に近づくことは出来ません。(かなり立派な滝です)

頂上から1時間45分で唐谷林道終点に到着、林道をチンタラチンタラ歩き、蛇一匹を横目で見ながら、
スメールの遊園地の上に差し掛かりゴーカートを見るなり、係員のお兄ちゃんに高い所から大きな声で「兄ちゃんそれなんぼ?」
兄ちゃん、いわく、500円!!! ????「やっぱり歩きに来たから歩くわ〜」チョット聞いただけ!・・・聞くな!!

登山口の駐車場に3時30分、スメールの温泉に直行します。

汗を流しサッパリして、サアー帰ろうとした時に、kazukunが温泉のスリッパ(温泉のストリッパーじゃないですよ)を履いて出てきます。
「スニーカーが無い!!」下駄箱に入れた新品の靴を盗まれたのです。
世間には悪いやつがおるもんや、
「靴を持って行ったやつ靴返せ! 気分が悪い!水虫うつるのが分からんのか!足を洗って出て来い!」

そんなこんなの一日でした。
山行記というより、たわいの無い其の日の出来事、大乱文ご容赦を!!


文:おむすびコロリン 写真:porori


追伸

この山は、四年前母を亡くしてからの、最初の単独山行で登った山で、
頂上で「お母ちゃ〜ん!」と大声で叫んだら、
次の登頂者が近くに来ており、私の大声を聞かれたのでは?と恥ずかしい思いをした山であり、
一生の思い出の山となる事でしょう。