奈良山友会 山行の記録

台高
木梶山

2003年4月12日〜13日



<メンバー>
L.ハッピーエンド SL.porori
リギ ナカノオオエ


木梶山(キカジヤマ 1,230.2m)は台高主稜線の国見山と伊勢辻山の間、馬駈ケ辻から派生して青田川へ落ちる長い尾根上にある。

 
ガスで幻想的な明神平直下               落ち葉の絨毯

以前から、伊勢辻から国見へ、或いは国見から伊勢辻へと馬駈ケ辻を通過する度に、木梶 山への分岐を見て、
そのあまり踏まれていない様子に神秘的なものを感じ、いつか是非行ってみたいと思っていたので、ハッピーエンドさんの計画にチャンスと ばかり飛び付いた。

前夜泊なので、12日午後3時桜井駅北口に集合。
ハッピーエンドさんのクルマで大宇陀、鷲家を経て高見トンネルを抜け、木梶トンネルの手前で右へ それ、加杖坂トンネルを抜け青田(おおだ)に達し、
そこから千秋林道に入って、菅谷川出合の広い駐車場に4時半頃到着。ここが今夜のテント場である。

早速テントを設営したが、無風温暖で野外の方が快適なので、
宴会は外でやることにし、椅子代わりに適当な石を集め団欒の場を造った。

食事はお二人の女性が途中のスーパーで色々買い整えて下さって、
生ハムをふんだんに使ったサラダや、スパイスを練り込んだペースト状のチーズやギョーザな ど、豪華メニューであった。
我々の話し声のほかは川のせせらぎの音がするだけで、静かな夜の雰囲気に心が休まる思いであった。

明朝の起床は4時45分と決めて、7時には就寝した。
13日朝、予定の時刻に起床。朝食はソーセージをボイルした本格的なホットドック。6時10分クルマを駐車場に残して出発。

だんだんと傾斜がきつくなる林 道をひたすら登って、6時45分明神平方面への登山口へ到着。
木屋谷川に沿って急な斜面をどこまでも進み、ワサビ谷を横切り、奥山谷出合の難所を大石伝い に渡渉し、
秘境の感じの濃い奥山谷を、ルートを選びながら詰め、9時15分明神平に到着した。

明神平はガスに包まれており、我々のほかにはパピヨン犬をつれてきている家族と思しき三人連れがいるだけだった。
あしび山荘横で風を避けて小休止後、9時30分明神平を出発、10時05分国見山に到着したが、ここもガスに包まれていた。


展望の良い尾根

10時35分馬駈ケ辻に到着、いよいよここから木梶山への尾根を歩くことになる。
木梶山への道は、明神平らからの、台高銀座とも言われる道から一変し、踏み跡程度の道になる。
それだけに秘境感が強く、歩いていて楽しい。

檜塚周辺にみられる様な小ザサの中を歩く所が多く、晴れていれば展望が良いのだろうが、
今は目の前の国見山山頂部が、ガスに覆われているのが見えるだけで ある。
10時45分、朝が早かったので、疎林に囲まれた小ザサの上で昼食にする。
よく見ると小ザサのあちこちにシカのフンが落ちている。どの木もシカの背丈の範 囲の樹皮は全部食べられ色が変わっている。
この辺は我々だけでなくシカの食事場でもあるらしい。
しかし今は、シカはどこにいるのかガスの中で見えない。

昼食後、11時30分再出発。このころからガスが切れてきて、展望が開けてきた。
国見山も全容を現し、左奥に檜塚や檜塚奥峰が見え始めた。

北側が開けている所へ来ると、高見山が大きく姿を現し、赤と白に塗り分けられたループ橋がひときわ目を引いた。
高見山から三峰山へと続く山容はいつ見ても 雄大である。
伊勢辻山からハンシ山、雲ケ瀬山を経て、高見山に至る台高縦走路も、手に取るように見える。
起伏の少ない平坦な尾根をルンルン気分で歩くうち、12時10分木梶山山頂に達した。

山頂は、展望はないが自然林に囲まれ、分厚い落ち葉の絨毯の中、ひっそりと三角点が立っていた。
山頂からはどちらを向いても深い林の奥まで見通せ、どこまでも明るい陽光が射し込んでいた。

12時20分山頂を出発、13時梅尾を通過。この頃から駐車場へ戻るための、菅谷川へ下りる取り付きを捜しながら歩く。
でも一向にそれらしきテープや標識 が見付からないままズンズン進むうち、とうとう岳山まで来てしまった。

エリアマップのルートでは岳山まで来ると来過ぎである。
しかし、どこかに千秋林道へ下りるルートがあるに違いないとリーダーが判断されて、
尚も尾根上を進むと明らかに取り付きを示すテープがあり、そこを下りる と直ぐに林道終点へ出た。

この林道はつづら折れになっていたので、ところどころショートカットしながら下りて行くと、
今度はもっと幅の広い林道に出た。これもショートカットしなが ら下りて行くと、千秋林道の木屋谷橋東詰めに下り着いた。
いつも千秋林道を通る時ゲートがあるのを見ていた林道である。
千秋林道をひたすら歩いて、午後3時40分無事駐車場へ到着した。

少し遠回りであったが安全なコースを選択されたリーダーの判断はさすがだと思った。
帰りに高見の湯、みのやで汗を流し、
向かいの宝蔵寺の満開の枝垂れザク ラ(樹齢三百年、奈良県下最大の枝垂れザクラとのこと)を嘆賞し、無事桜井駅に帰着した。

リーダーのハッピーエンド様、的確な判断と安全運転有難うございました。
porori様、リギ様、美味しい食事有難うございました。

文:ナカノオオエ  写真:porori