奈良山友会 山行の記録

蝶ヶ岳
蝶ケ岳は今日もラッセルだった

2003年3月21日〜23日


槍ヶ岳をバックに蝶ケ岳山頂

<メンバー>
L.山の家、軟弱、Mt.冨士

<コース・コースタイム>
<3/21> 平端7:00〜釜トンネル入口13:40〜釜トンネル出口14:05〜上高地BT15:30〜明神16:50〜徳沢18:10

<3/22> 徳沢7:50〜横尾8:50〜蝶ヶ岳13:25〜横尾15:20〜徳沢16:45

<3/23> 徳沢7:00〜明神8:05〜河童橋9:00〜釜トンネル出口11:00〜帰阪


 今年の1月からこのメンバーと雪山に行くのは四回目、西穂独標敗退、西穂独標リベンジ成功
(ロープウエーで楽チン登山)、八ヶ岳敗退と1勝2敗の成績。
今回の山行を勝利して5割の成績で今期最後の雪山を終えたい3人は、前回の八ヶ岳の帰り道、
過去2度に渡るラッセルの苦しみから少しでも楽して登る方法を考え出したのだった!!………その方法とは、

一.雪山では人の入らないコースを歩かない!ポピュラーなコースを選ぶ。
二.ラッセルを避けるため、人の後を付いていく!決して人の前を歩かない。
三.他のパーティーには、すぐに道を開ける!ラッセルをやって頂いた方に感謝の念を持つ。

以上のような悟りを開いた我々は、もともと中央アルプス越百岳に行く計画を急きょ変更し、北アルプス蝶ヶ岳にしたのだった。

「猿でも反省するんやから、人間、シンポせんとあかんデェ〜!」とはL.山の家さんの言葉。

当日、平端を朝早く出発。普段深夜に走る高速道路とは違い車が非常に多い。
沢渡に13時すぎに着き、そこからバス停横のタクシーを拾って釜トンネル入口へ 向かった。
釜トンネルを通るのは今期2度目、トンネル内はトラックが行き交い拡幅工事も進んでいるみたい。
今日は天気も良いしトンネルを抜けた峠からの穂 高はヤッパリ最高だ。


大正池から穂高連峰

上高地に入るとトレッキングの人たちが意外と多く、やはり上高地にも春が近い証拠か?
河童橋で一息いれた後、次なる明神を目指した。 明神からは明神岳の壁を見ながら、雪原となった梓川の中を進んで行く。


梓川の上を歩く

夏場は左手に梓川を見て進むが、川の方から見る風景は、いつもとは違った感覚が有り この時期にしか体験できない貴重なものだった。
徳沢に着いたのは、日も沈み辺りは薄暗くなった午後6時、急いでテントを設営した。

翌日、6時起床、今日は徳沢から長塀尾根を通って蝶ヶ岳を目指す予定、
早速リーダーの山の家さんが登山口の状況を確認して帰ってきた。
「登山口には数えるほどの踏み後しか無かったデェ〜! 多分ラッセルになるデェ〜!」 ビビル2人。

「そやけどな、あそこのトイレの前にテント張ってる人が、行く用意してたんで聞いてみたら、ここから横尾に出て、そこから蝶にいく言うてたデェ 〜!」
 そこで、前回の教訓が頭をよぎる。3人腕組みして考えた結果、これまた急きょ予定変更。
「あの人らが出た後で、ゆっくり付いていこう!!

…越後屋、おぬしもワルよの〜。」と言うことで、ゆっくり朝食を食べて行動を開始した。

徳沢から横尾までは、やはり凍り付いた梓川の雪原、1時間で到着し蝶ヶ岳の取付きに掛かる。
「ヨッシャ!トレースあるでェ〜」

しっかりしたトレースを踏んで歩き出した瞬間、丘の向うに先行している人達が居るではないですか、彼らはどうも引き返してくる様子。
聞いてみると、昼から 暖かくなるし雪崩れを気にして引き返すとのこと。
しかし、10人くらいの人が先に入っていることも確認できた。我々は、なおも先に進んだ。

途中、雪の割れ 目が数箇所有り雪崩れの心配を感じる。
暫くして、背後に槍ヶ岳の穂先が見えるころに数人の登山者を追い抜いてしまったその先で、とうとう先頭に立ってし まったのだった。
心の中では「しもた!」と思ったのだった。

 行程の半分くらいから我々のラッセルが始まった。雪の深さはヒザくらいで前回の八ヶ岳よりマシだが、やっぱりラッセルは辛い。
当分の間、我々の先 頭が続く、後続のパーティーはどうも付いて来る作戦らしい。
(こういう風にしか考えられなくなってしまった。) ここで、さすが気転の利くリーダー

「私ら、ここで昼飯にしますんでお先にどうぞ。」ゆっくり腰を下ろし穂高連峰を見ながら昼飯と決め込んだ。
しばらくして、ヨッコラショと動き出すと20m くらい先であのパーティーが休憩しているではないですか…!
心の中では「汚ネェ〜」と思いながら、ラッセルすることを観念した。

 蝶ヶ岳頂上に着いたのは13:25、徳沢から5時間半を要した。


山頂から穂高

今回もヤッパリ、ラッセルだった。


文:Mt.冨士 写真:山遊亭軟弱