奈良山友会 山行の記録

鈴鹿・竜ヶ岳

2002年10月12日〜13日

竜ヶ岳頂上
竜ヶ岳頂上

<メンバー>
L.ハッピーエンド SL..おむすびコロリン
pororiI、リギ

<コース・コースタイム>
10月12日(土)
 桜井駅集合出発15:00(夕食買い出しの後)→宇賀渓キャンプ場18:00

10月13日(日)
キャンプ場6:30→ホタガ谷入口7:00→魚止滝7:15→ホタガ谷入口7:30→
沢から笹原へ8:50→竜ヶ岳山頂9:35(休憩)10:10→ かさね岩10:35→石槫峠11:00→小峠11:18→長尾滝11:40→砂山12:35→キャンプ場13:20


<12日>
 キャンプ場の駐車場からテント場まで少し距離がありましたので、
管理人さんにダメ元で頼んでみると、車の横にテントを張っても良いとの事、「ラッキー〜」
 今夜の夕食メニューはギョーザ・すし・野菜サラダ・練り物(ごぼ天・その他色々)、ビールで乾杯して盛り上がったところで就寝(20:00)。
空に星が 出ていて、明日も天気は良さそうです。おやすみ。。。

<13日>
5:00起床。昨夜はテント泊では珍しく、いびきも無く、まったくの無音で、一人でテントで寝ているのかと錯覚したぐらいです。
朝食のミックスサン ドを食べて、6:30出発。
 雲一つ無い良いお天気で気持ちいいことこの上なし。
スギ林を抜け、自然林を抜けると、森林限界に出たように木が無くなり、一面に美しい笹原の山が目に飛 び込んできました。
早速ビデオを出しての撮影です。

   
笹原の中を歩きます
メルヘンチックな稜線

 コロリン、これほどに笹原に見事に覆われた山を見るのは初めてです。
この笹がススキだったら曽爾高原は竜ヶ岳に名所を奪われるだろうと、余計なことを考 えるコロリンです。

 遠足尾根分岐まで上ると、山頂に向かって続く一本の道が、何ともいえない良い雰囲気で す。その道を登り、やがて頂上に到着。
  たいていの山の頂上は中高年のおっちゃん、おばちゃんが占領しているのに、今日は若い男女〈大学生〉ばかりです。
これもまた、景色がいいのです。登る途中 で「縦走している女の子」の話になって、
それって「十三のねえちゃん」と言うことで、みんな納得してクスクス笑っていました。
(これって関西の人しか理解 できない?)

藤原岳、御池岳など鈴鹿北部の展望
長尾滝

 下山は六甲山を歩いている様な、花崗岩の滑りやすい道です。砂山からの景色も六甲山と良く似た感じです。
今、通ってきた稜線が、天気が良いので砂山から 一望出来ました。

 砂山からキャンプ場まではかなりの階段道でしたが無事に下り、今日の快適な山行を終え たのでした。


文:おむすびコロリン 写真:porpriI、リギ