奈良山友会 山行の記録

比良
北比良〜小女郎峠縦走

(権現山までの予定を短縮)

2002年9月8日


打見山(琵琶湖バレイ)

<メンバー>
L:ヨーチャン、女性10人、男性4人

<コース・コースタイム>
ロープウェイ駅再出発10:15 → 金糞峠10:40 → 南比良峠11:15 → 荒川峠11:35 → 葛川越12:20 →
 木戸峠13:15 (昼食)14:00 → 打見山14:20 → 蓬莱山14:45 → 小女郎峠(小女郎池往復)15:30 →
薬師滝17:00 → JR蓬莱駅 18:00 → 18:13の電車で帰る


今回のハイキングはリフトとロープウェイを使い、苦しい長い登りを無くして、
気持ちの良い尾根道の縦走(北比良〜金糞峠〜比良岳〜打見山〜蓬莱山〜権現 山〜平)のみのハイキングのつもりでした。しかし・・・。

奈良方面から近鉄京都着7時46分の急行で行き、JR京都発7時56分で比良着は8 時39分(京都8時14分発、比良着8時45分の快速でも同じバスで した)。
バスでリフト乗り場まで行ってリフト、ロープウェイを乗り継ぎ、9時30分にロープウェイ山上駅、標高約1,000mの「北比良」に到着しました。
下では晴れていたのですが、上は薄い霧で見晴らしは全くありません。

比良山は私が高校、大学生の頃、もう数十年前になりますが、よく登った山です。
今のように湖西線はなく、大阪からは京阪三条駅で乗り換え、浜大津 から単 線の私鉄「江若鉄道」で来ました。
このとき既にリフト、ロープウェイはありました。ちなみに今回リフトの鉄塔を見ると、昭和35年のプレートがありまし た。
その後JR湖西線の開通により「江若鉄道」は廃止され、今は「江若交通」としてバス運行をしているようです。

ロープウェイ駅を9時45分に出発し、金糞峠経由打見山に向かったつもりだったので すが、
初めの登山道入口を間違いイン谷への下り道に入り、すぐ ミスに気づき引返しましたが、30分近く遅れました。

再出発し、ここから金糞峠、荒川峠、烏谷山(からとやま)、比良岳と、風が気持ちの良い尾根道を快適に歩きました。
ガスがかかり視界は悪いものの、時々 ガスが晴れて琵琶湖が美しく見えました。
「比良岳」は、名前は比良山系の盟主の名前ですが、高さも低く、見晴らしは悪く、頂上がはっきりしないというさえ ない頂上です。

 
蓬莱山

 比良岳の手前ぐらいから予定より遅くなり始め、木戸峠では1時15分になり、

木戸峠キャンプ場での昼食

少し遅い食事をして2時に出発し、打見山で2時20分になりました。

打見山 を1時半までに出発すれば、当初予定の権現山まで縦走しても、少し余裕を持って、平バス停4時のバスに間に合うのですが、
1時間ほど遅れているので、「小 女郎峠」から「JR蓬莱駅」に下ることにしました。

 
蓬莱山のゲレンデを歩く

地図のタイムでは小女郎峠から駅までは1.5時間ほどなのですが、
急な下りで道が悪いのと、疲れた人がおられたので2倍ぐらいの時間がかかりました。
結局、薬師滝からは会長が一人で先に下りてタクシーを手配し、途中までタクシーに迎えに来てもらって、数人は途中からタクシーで下りました。
全員が駅に 着いたのは6時を過ぎ、6時13分の電車で帰りました。

 予定とは異なり、かなりハードなハイキングになりました。
リーダーの時間計画が悪かったために、皆様に迷惑をかけましたが、全員怪我もなく無事帰り、京都 で反省会を開きました。
来年はこれに懲りず、逆方向で「平」より「北比良」で1泊して、「蛇谷ヶ峰」、「朽木スキー場」への全縦走をしたいと思っていま す。


文:ヨーチャン 写真:漫歩計