奈良山友会 山行の記録

北アルプス
雲の平〜祖父岳
<やっぱりビールが最高>

2002年8月14日〜18日

雲の平

参加者人

<コース・コースタイム>

<8月14日>
 平端駅20:00発

<8月15日>
 有峰林道入口 2:00着(仮眠)折立登山口 8:40−13:00 太郎平小屋 13:30−薬師沢小屋 16:00

<8月16日>
薬師沢小屋 5:45−アラスカ庭園 8:00−雲の平山荘10:20−高天原散策11:25−
雲の平テント場 12:00、テント設営後 12:25−13:20 祖父岳山頂 14:00−テント場 15:00

<8月17日>
 テント場 5:00−雲の平山荘 5:55−薬師沢小屋 9:10−中俣、左俣合流点 11:00−
 12:10 太郎平小屋 12:30−折立登山口 15:50


コロリン今年初めてのアルプスであります。14日の朝から、ワクワクして夜の8時の集 合を待ちます。
いよいよ平端に時間通り6人集合、3 人で2時間交代の運転で丁度6時間で林道入口に着きます。
夜空を見ると天気イマイチです。明日の好天を願ってテントにもぐり込みます。「おやすみ・・・」

15日、登山口でしょぼしょぼと雨が降り出しました。
でも傘でも大丈夫、樹林帯を登ります。樹林帯を抜けて、太郎平小屋1時間手前ぐらいから本格的に降 りだしました。
太郎平小屋での休憩は寒くて寒くてたまりません。これまではほとんど展望ナシ です。

太郎平小屋から薬師沢小屋までは、下りが主で木道が6割ぐらいに思います。
時々、薄日がさしては、皆で明るい希望を持ちますが、天気はコロコロ、おむす びコロリン憂鬱になります。
でも、この下りの両サイドの景色は、ガスもかからずバツグンです。

ここの木道ですが、木道だからラクチンと思いきや、さにあらず、濡れているので、コロリン2回すってんコロリン、
リギさん3回、Oさん1回、山の家さん 1回すってんコロリンです。そうこうしているうちに雨の中、薬師沢小屋に到着です。
小屋は畳1畳に2人との事ですが、結局4畳に6人でした。食事は夜、朝とも自炊です。

16日、雨はなさそうです。薬師沢小屋から樹林帯を抜けるのに、きつい登りです。
30 分歩いて1本休憩(皆でワールドサッカーのように日本チャチャ チャ・・・じゃなくて1本チャチャチャの催促です)のペースで、
亀にブレーキの状態で進みます。しかし樹林帯を抜け、木道に出てアラスカ庭園を通過する頃には、気分最高(1本チャチャチャの声は有りません)です。
この辺からテント 場までの木道は、雲の平の名前のごとく、雲の上を歩いているような素晴らしい庭園歩きです。

 
左:水晶岳右:                美しい朝焼け

テント場に着いてすぐテントを張り、祖父岳の頂上を目指します。
頂上からは薬師岳、黒部五郎岳、三俣蓮華岳、鷲羽岳、水晶岳、赤牛岳等360度の展望です。
南真下に黒部の源流、 コロリン感動ものです!

17日、夜中に2回程雨が降り、テントの周りが川のような音を立てていましたが、
朝起 きた時には良いお天気で、昨日見えなかった笠が岳が美しく太陽に照らされています。
黒部五郎 岳の左横に笠が岳を見ながらの朝食は気分がいいです!!

 
左:祖父岳                   右:槍ヶ岳の展望

でも、これからの帰り道、昨日来た道を折り返すかと思うと憂鬱です。
太郎平小屋は大きな谷を挟んで見えています。折立登山口は、その又小屋の向こうで す。「嫌な渡世だな−」
テント場を出発して、アラスカ庭園あたりで、昨日見えなかった槍の穂先と 笠が岳が、三俣蓮華をはさんで見えます。思わず合掌!!

 その後、急降下で薬師沢小屋へ、そこから3時間登り返して太郎平小屋(この間は皆気合を入れていたので、思っていたより良く歩けた)。
太郎平小屋から登山 口までの3時間20分は、昨日の登りよりも長い道のりに思いました。
(昨日はガスが掛かり何も見えなかった)雲の平テント場を出て約11時間やっとの思い で登山口到着です。

登山口には売店らしき物があり、ビールを買って乾杯という手はずでしたが、どこにも ビール等は売っていません。
皆、残っていた焼酎、ウイスキーでチョビ リ、チョビリ始めますが、一向に盛り上がりません。
お通夜の席で酒を戴いている状態です。こうなったら、おむすびコロリン、むずむずしてきます。
何とかしてビールを調達する手立てはないものかと、頭の中はグルグル、お目目はテント場の周りをグルグ ル・・・。

アッ、チャンス有り!2組の若いカップルがタープの下で宴会中、ターゲットは決まった。
彼らに近寄り話し掛ける(内容はヒ・ミ・ツ)。しばらくして、 そこの可愛いお姉チャンがビール(500ml 3本、360ml 1本)を持って私らのテントに来てくれました。
感謝感激雨あられ、嬉しくて嬉しくて会計から2,000円出して渡そうとしますが、取ってくれません。
で も、それではコチラが気が済まないので、押し問答の末に2,000円を「ガソリン代にでも使って下さい」と向こうのテーブルの上の、品物の間に挟んでテン トに戻りました。
その、心温かい、逆に冷たいビールは、最高に美味くテントの中はその後大いに盛り上がりました。

「下山後のビール、これ最高ジャ!」


文:おむすびコロリン写真:山の家、リギ