奈良山友会 山行の記録

北アルプス・燕岳
(常念岳への縦走は雨で中止)

2002年5月2日〜5 日

<メンバー>
kazukun、山の家、山遊亭軟弱、Mt.冨士、山歩、ナカノオオエ

‹5月2日(木)>
 20:00 近鉄平端駅集合:軟弱さん、kazukunの車で穂高へ。

<5月3日(金)>
 2:00着:鳥川の川原でテント設営後、小宴会。


少しでも多く睡眠時間を取ろうとリーダーの心使いで、6:30起床のはずが、JR大糸線の1番電車で5時頃目覚める。
 晴天の空の下で、朝食「コンビニ弁当」。西の方に大天井の稜線が真っ白に見える。

JR穂高駅前に予約してあったジャンボタクシーで1,000mの高度をかせぎ、中房温泉登山口へ。
ここでは大勢の登山者が登る準備をしている。

 クマザサとカラマツの急登をジグザグに登り第1ベンチ。ここで水を補給する。この第1ベンチ辺りから雪道になりだす。
他のグループも疲れだし、ここから 先は追いつき、追い越されての繰り返しで、山頂に着く頃はみな同じような時間だった。
 富士見ベンチを過ぎ、花崗岩が現われ、さらに少し登ると、合戦小屋に到着。やがて雪も深くなりだして、合戦の頭。
ここまで来ると展望が開け、大天井越し に槍ヶ岳、北に蓮華岳や針の木岳等が望める。
 合戦尾根へ出ると燕山荘が正面に見えるが、荷物の重さと、睡眠不足がこたえだし、足が前に進まない。
ようやく燕山荘前のテント場に着き、今度はテント設 営の地ならし(雪ならしと言うのかな?)で疲れてしまい、燕岳を前にして山頂に行く元気もなくなる。

 
縦走予定だった稜線をバック            燕 山 荘 前 で テ ン ト 設 営

 テントに入り、水づくりをしながら、お疲れの乾杯。夕食は豚のしょうが焼き、白飯とどん兵衛。
飲んで、食べて、喋り7時頃シュラフに入る。23時頃から、 風が強くなりだす。よくぞテントをペグで止めておいたことだ。

<5月4日(土)>
 5時頃起床。昨夜からの強風雨が止みそうもないので、無理をしてまで行く事は無いとの事で、明日下山する事に決まる。
晴れ間を見て燕岳は行きたかった が、目の前にあるのに行く事が出来なかった。残念。

  一日中、テントの中で喋り、食べて、飲んでいると色々面白い話が出てくる。
病気の体験談、Fさんの週2回6時間の体力作り、テント山行の時余分な荷物を持 たないように。
印象に残ったのはOさんが、前鬼小屋に1人で宿泊していた時、バケツから水を汲み柄杓で水を撒いてる音が聞こえるが、
怖くて覗くことが出来 無かった話。この話は、あの五鬼坊があった跡だけに、ありそうな事だと思った。

 窮屈なテントでの楽しみは、食べる事。
昼は、持ち寄りのラーメン(カップラーメン、その他に2種類)と白飯を一緒に炊く。これが意外に美味しく食べられ た。
 夜は、チキンラーメンに麻婆春雨と味噌汁。この山行の食事はKazukunが奥さんと考えてくれた献立です。
19時頃シュラフに入るが昨夜よりキツイ風で テントが飛んでしまいそうな風が一晩中吹き続く。

<5月5日(日)>
雷鳥が慰めてくれました 

雨風の中で、テントを撤収し、往路と同じ合戦尾根を下山。途中、雷鳥が我々を慰めるように姿を見せてくれた。
 皮肉なもので、あれだけ荒れていた天気なのに、登山口に着く頃は青空になっていた。
 今回は残念な結果となったが、いつかまたリベンジしたいものだ。


文:山歩  写真:山遊亭軟弱