奈良山友会 山行の記録

六甲山 滝巡り

2002年2月10日

参加者8人

阪急宝塚駅(バス)有馬−鼓ヶ 滝−紅葉谷コース−七曲滝−−似位滝−百間滝−白石滝(昼食)−
白竜滝−大安相滝−
−住吉道−一軒茶屋−雨ヶ峠−風吹岩−阪急芦屋川駅

 
2月例会山行は六甲山(裏六甲)の滝巡り。有馬四十八滝と言わ れ、この時期は氷結が期待できます。

 参加者は8人。バスの有馬駅を出発し、 まず最初に鼓ヶ滝を目指し ます。天候は小雪。朝から降った雪がうっすら積もって、辺り一面真っ白です。
最初の鼓ヶ滝はロープウェイ駅の横、右奥にあり、公園になっています。滝 の前を左へ上がり、ロープウェイの下をくぐって紅葉谷道に出ます。

 広い、ゆるい坂ともいえない道を行 き、沢を越えて登りに取り付き ます。人が多く、50人の団体というのもありました。さすが人気の六甲山です。
 七曲滝の道標にしたがって右へ。急に道が細くなり、ロープや鎖の箇所も あってスリルがあります。
団体が多く混雑で立ち往生することもしばしば。みんな凍った滝を期待しているのですが・・・。

七曲滝


ここのところの暖かさのせいか、滝は 凍っていませんでした。
横に一部氷 が張り付いてはいましたが、やはり地球温暖化??リーダーによれば、昨年は見事に凍結していたそうです。
残念!雪も朝に降った雪があるだけで残雪は無いよ うです。
滝から戻り、尾根をひとつ乗り越えて、再び紅葉谷道へ戻り、さらにもう 一つ尾根を乗り越えます。滝巡りは上り下りが多く疲れます。
登った分をすべて降りきったかと思う くらい大きく下って、似位滝 へ。もちろんここも凍っていません。さらに百間滝。なかなか立派な滝です。

百間滝

ここからは谷をバックし、15分ほど下って白石滝へ。河原が広く 休憩に最適で、ここで昼食。
リーダーお手製の豚汁がおいしかった。重いのに一人で8人分の豚汁を持ってきてくれたリーダーのNさんに感謝。

 記念写真を撮った後、白石谷をさかのぼ ります。
のっけか ら急坂で、ロープや鎖が頼りの所も多く、地図に「経験者向き注意」とあるのもうなずけます。
2回下見したというリーダーでも、数回道を間違えて引き返した くらい(でも間違うとすぐに気がつくというのはさすが)、わかりにくい谷です。
テープをよく確かめ、慎重にルートを見極める必要があります。雪も下よりは 少し多い。
雪が深くトレースがない状態だとかなりハードなコースだと思います。

 白竜滝を左に見てすぐ、左へ本流左岸を 登り、滑らかに流れる大安 相滝を経て、さらに遡ると沢は次第に細くなり、
最後に左の尾根に取り付いて、トラバース気味に斜面を登り、吉高神社の前へ出ます。


神社からはすぐに有馬からの住吉道(魚屋道)に合流します。緩い坂を登れ ばほどなく一軒茶屋。
六甲は上に登るとドライブウェイがあって興ざめだという向きもありますが、仕方ないでしょう。

 時間もないので最高峰へは寄らず、 休憩だけして下りを急ぐことに しました。 

  
白石滝白竜滝

 一軒茶屋からは、七曲がり〜雨ヶ峠 〜風吹岩〜ロックガーデン〜高 座の滝〜芦屋川駅というメインルートを下ります。
約2時間半のルート。雪は上の方でもほとんどなく、もちろんアイゼンは不要です。

 有名なイノシシにも会わず、調子よくどんどん下って、高座の滝 で山支度を解き、あとは舗装路を駅へ向かうのみ。
距離が長くアップダウンもあって結構疲れた山行でしたが、終始楽しく歩けました。

Nさん、どうもありがと うございました。朝ちょっと遅れてしまい済みませんでした。


文・写真:漫歩計