奈良山友会 山行の記録

登山バス山行
唐松・五竜岳

2001年9月22日(夜)〜24日

 

メンバー 24人

<コース・コースタイム>
<9月22日> 橿原神宮前駅 20時―奈良県庁前 21時―八方ゴンドラ駅

<9月23日> ゴンドラ駅―ゴンドラ・リフト―八方池山荘
   八方池山荘8:00―第2ケルン8:30―八方池8:45―丸山岳10:15―
   唐松岳山荘11:16・・(唐松岳ピストン・昼食)・・12:50―五竜山荘15:30


二つの峰をゆるやかなつり尾根で結ぶ鹿島槍と、力を内に秘めた男性的な山容の五竜岳に憧れて、
久しく五竜岳から見るその縦走路は私の心をかき乱すに有り余る ものがあるのです。

始めて100名山の本を手にした時、いつか私もこの山に登れる日があるのだろうかと密かに憧れ大切に持っていた恋心でした。
今回鹿島槍への縦走は叶いませ んでしたが、唐松岳から五竜岳に、所属する山岳会の秋のバス登山に参加。
これ以上は望めないほどの晴天に恵まれ360°のパノラマを行く縦走は快適そのも の、
日本中の山が全て見えたのでは・・・と思えるほどの素晴らしい大展望を楽しむことができました。



始発のゴンドラに乗りしばしの空中散歩を楽しみます。もう素晴らしい展望と青い空!!!

準備と軽い体操をして3班に分かれて出発します。
気温は低くさわやかで立ち止まると冷たい風が肌に心地よい。

第一の休憩ポイント八方池。
池には白く輝く白 馬三山がくっきりと姿を写し、反対側には秀麗な双耳峰の鹿島槍、五竜から続くその縦走路はなんと魅力的なのでしょう!
いくつかのケルンを通過して八方尾根 を登ります。
道は危険なところもなく快適に充分展望を楽しんで、お昼前に唐松岳山荘につきます。

唐松岳は五竜の堂々としたかまえとは対照的にすっきりした女性的な美しさ、頂上への一本 の道がはっきり見え端正な姿で誘います。
人気の山頂は混雑、 素晴らしい展望にあちこちに名、迷カメラマンだらけ・・・もちろん山岳会の旗をもって私たちも記念撮影です。
いくら眺めても、一日中でも見ていたい見飽きない展望です。

思わず小さなため息が出てしばし呆然、ずっーと、ずっーとここに居たいな!

唐松を後に五竜への道はいきなり岩稜の稜線です。
足場はしっかりしており鎖も要所に付けられ慎重に歩けば何でも無いちょっとスリリングで楽しい岩場のアッ プダウンです。
そして更にくだり、もっとくだりハイマツの緩やかなのぼりになると小さなかわいいシラタマノキにお目にかかれます。
大黒岳を過ぎて白岳の斜 面をトラバースすると五竜岳山荘到着です。

連休の山荘はラッシュ! 夕食は何回にも分けて最終は9時だったようです。
幸い私たちは7時で、朝食も当然混雑が予想されるのでお弁当に変えてもらい部屋 で明日のミーティングと乾杯。

イビキ大重奏の中、眠れないままに窓から空を覗くと小粒の宝石のような星がキラキラと輝いています。
眠れなくて星空が見られて、大イビキの人よりしあわせ と思いましょう★ ★ ★


24日 山荘―5:25―五竜岳6:35―山荘7:47(五竜岳ピストン) 山荘―8:00―中遠見山10:20―アルプス平駅11:46

5:25分五竜岳ノ向けて出発、朝の冷たい空気が眠い目と頭を覚ましてくれます。
登山道には霜柱がたくさんあり今日の晴天も確約されたようなもの、東の空 が白み山際がうっすらとピンクに染まって日の出は近いようです。

目指す頂上には大勢の人が日の出を待ちかね賑わっています。
岩場あり砂利道ありの登山道で すが、岩場はペンキマークをはずさないように行き違いを上手くこなせば問題無しです。

見晴らしの良い尾根にあがるとまるで私たちを待っていたかのように太陽が昇り始め、
見る見るその光は七色に変わり余す所なくすみずみにまで光がさし、また また感動のご来光に接し思わず歓声があがります。
何度見ても、どこで見ても一日の始まりのシーンは嬉しく、ドラマティックです。


頂上からは澄んだ空気が一段と山を清清しく見せ、朝日に映える白馬三山はキリリとし、
棚引く雲に浮かぶ淡墨色のアルプスは幻想的、眼前の鹿島槍はそ の華麗な姿を十二分に誇り、
大好きな槍ヶ岳、穂高連峰、立山、剣、八ヶ岳など、すべて、すべて、何も遮るものの無いそのままの勇姿に心ふるえる瞬間です。

今夏歩いた針ノ木、蓮華、爺ヶ岳、そして裏銀座の山々も見え、いっそう懐かしく山に登る醍醐味にしばし浸れるひとときです。



立ち去り難い思いは私一人ではないはず、充分に楽しんだはずなのにまだまだ未練を残して下山します。
いったん山荘に戻り遠見尾根を下ります。少し岩場、鎖 があるアップダウンのこの尾根も展望抜群、鹿島槍、五竜が角度を変えてずっとずっといっしょです。
山はだんだん遠く、高くなり小遠見山まで下ると田園風景 が一気に開きます。
地蔵の頭からはゴンドラ駅の白い屋根が見えてパノラマを行く縦走は終わりに近づきました。八方尾根も遠見尾根も見え感無量です。

素晴らしいこの2日間を与えてくれた全ての人に、全ての山に最高の感謝を!

山麓駅では秋を彩る白、ワイン、ピンクのコスモスが頼りなげに風のままに揺れています。空を飛べない人間の永遠の夢なのでしょうか?

見上げれば群青の秋空に色鮮やかなハングライダーが悠々とのどかに舞っています。

夢をのせて・・・
   風にのって・・・
      鳥のように・・・


文・写真:山遊亭ぽろり