奈良山友会  山行の記録

八ヶ岳縦走
編笠山・権現岳・赤岳・横岳・硫黄岳・東天狗岳

2001年7月19日夜〜22日


迫力ある赤岳南面

<メンバー>
L.山遊亭軟弱、SL.山の家
Y、F、山歩、おむすびコロリン

<コース・コースタイム>
<7/20>  観音平 - 編笠山 - 権現岳 - キレット小屋(テント泊)
<7/21>  キレット小屋 - 赤岳 - 横岳 - 夏沢峠 - 東天狗岳 - 黒百合ヒュッテ(テント泊)
<7/22>  黒百合ヒュッテ - 渋ノ湯

第1日(20日)

暑い京都から、急行「くろよん」に乗ると、大阪から乗ってきた「山の家」さんはもうできあがってます。
列車の網棚にはザックがずらり。異様な雰囲気。
眠れぬまま塩尻、2時間待ちで小淵沢方面の普通に乗り、タクシーで観音平に。結構、車が止まってます。
天気は最高。適当に風もあり絶好の登山日和です。リーダーの人徳という声有り(^^ゞ。



最初から結構な登りで編笠山へ。権現、阿弥陀、赤岳が呼んでます。

青年小屋で、乙女の水をポリタンに入れます。これがまた冷たくておいしい。
青年小屋を後に、どうしてこんな直登の道しか造れないのとブツブツ言いながらひたすら登ります。
いくつかピークを越え、権現岳に到着。

権現岳のピークは立つのに根性が要ります。
また、赤岳方面には長〜いハシゴを降りなければなりません。約20m。これも根性。
思いの外、時間がかかってキレット小屋に到着。

ここの小屋番は最悪。テント場の狭いのは仕方ないにしても、水場が最悪。
地図の水の印は嘘です。2リッター入れるのに10分以上かかりました。多分、雨が降らなければ水は無しです。
とにかく、何とか水は確保。ただ、ここから見る赤岳南面の景色は最高です。


第2日(21日)

5時に出発。今日は長い一日になりそう。
朝の涼しい間に赤 岳に登ります。ガレ場の急登で、落石に気をつけなければ。
赤岳の手前から、昨日とは違ってスゴイ人。すれ違いに苦労します。頂上から360度展望はすばらしい。
遠くはガスってますが、充分楽しめました。これから行く、横岳、硫黄、天狗が見えます。遠〜い。



赤岳の下りで、渋滞。次いで横岳の通過で大渋滞。自分のことは棚に上げて、
何でこんなに多いのと、みんなブーブー。
ただ、硫黄岳を通過するとまたがっくり人は減り、再び静かな山行になりました。

東天狗岳で振り返ると、昨日登った編笠が見え、あんな所から来たのかとなんか感慨にふけったりします。
さすがに、西天狗へのピストンは希望者無し。
少し下ったところから直接、黒百合ヒュッテへの道に入りますが、これがガラガラのアップダウン。
Fさん、ぼやくぼやく、もう登りは無いのんとちゃうのか・・・。
黒百合ヒュッテのテン場では昨日の分も騒ぎました。

第3日(22日)

ゆっくり下って、渋の湯の上の方の温泉に入りました。
風呂はたいしたこと無いけど、愛想が良いので気分良し。

なかなか歯ごたえのある縦走で、特に赤岳は迫力のあるいい山でした。
好天に恵まれ、展望を堪能して大満足の山行になりました。


文・写真:山遊亭軟弱