奈良山友会 山行の記録

花いっぱいの針ノ木岳・蓮華岳から爺ガ岳縦走

抜けるような青空と綺麗な花。
左手には雪渓を従えたダイナミックな剣・立山の山々があり、下を見下ろすとコバルトブルーの黒部湖が終始ありました。
私の今年の北アルプスデビューは思い出に残る最高の山行となりました。



2001年7月19日(木)夜〜7月22日(日) 晴れ

<メンバー>
6人

<コース・コースタイム>
7月20日 扇沢6:00 7:20大沢小屋7:30 11:50針ノ木小屋12:55 14:05蓮華岳14:15 15:00針ノ木小屋(テン泊)

7月21日 針ノ木小屋(テン泊)6:00 7:05針ノ木岳7:20 8:13スバリ岳8:25 10:45赤沢岳11:00 12:10鳴沢岳12: 30
13:05新越山荘13:35 14:40岩小屋沢岳14:50 16:00種池小屋(テン泊)

7月22日 種池小屋(テン泊)4:00 4:30爺ガ岳南方峰5:30 6:00種池小屋7:15 9:35扇沢


奈良の某所に19日の夜10時に集合した我々は、1台の車で一路長野へ出発。
黒部立山アルペンルートの玄関にあたる扇沢のバスターミナルへは早朝4時の到着でした。
無料駐車場の隅にわずかに空いたスペースに車を置き、仮眠の後朝食を取りいよいよ出発です。



最近下草を伐りとったのであろうか、歩き易い道を進むと途端に綺麗な花が目に飛び込 んできました。
トリアシショウマにクガイソウにシモツケソウ。なんと大きなホタルブクロなんでしょうか、なかでもショウキランのきれいな事。
こんなのっけから写真を撮っていたら、フィルムが何本あっても足らないのではと思ってしまいます。

手がちぎれるのではと思えるほど冷たい沢で顔を洗い、全員で休憩。
縦走中の水の補給は望めないので、ここで水をポリタンに満タン補充しようと思いましたが、
あいにくザックは2日分の共同食の食材や鍋・釜・テントで18キロもあり、もっと上で汲む事にしました。
大沢小屋につくと、鬚面にバンダナのおやじが登山者を捕まえて何やら話しをしています。
我々にも話しかけてくうるのはいいのですが、我々を「お前達」と呼び、「ここの水を飲め」「ここには座るな」とか「最近若いネエチャンが来なくなった」と か悪口雑言の数々。
付き合っていられないので水だけ一口いただき、すぐに出発しました。

8時、左下の沢で間近に雪渓を望めるようになると、ニッコウキスゲにギボシの花が多くなり、振り返ると爺ガ岳が綺麗な三角形をしています。
アイゼンを装着し、いよいよ日本三大雪渓の一つ、針ノ木雪渓に下り立つと、まるでドアを開け放った冷蔵庫の前に立ったような心地よさ。
でも意外と急登でザックの重さもあってなかなか歩が進みません。
いつも元気な「ころり」さんもバテ始め、ちょっと年配のHさんと2人が遅れ始めました。



雪渓が終わり、アイゼンを外すとガレの急登になり、辛くて休憩の回数が増えてきました。
しかも最後の水場であろうと思われるところで、夕食用の水として3リットルを持ったものだから、わたしもバテバテ。
あまりの苦しさにザックを下ろし肩で息をして休んでいると、下からはまるでアリの行列のような登山者が雪渓の上をこちらに歩いてくるのが見えます。
見上げると青空にくっきりと、明日歩く針ノ木岳から爺ガ岳の稜線が私を誘っているように思え、急に元気がでる私。
チングルマやコイワカガミの花も励ましてくれています。


4時間50分の登りでやっと今夜の幕営地の針ノ木小屋に到着。
先ずは冷たいビールを購入し、「ぽろり」さんが奈良で買ってきてくれた柿の葉寿司の昼食。
まだ昼なのにテン場は満員とのことで、通常1張りの場所に我々の3人用と2人用の2張りを張らされる始末で、
嫌ならトイレが近いこの場所からもっと上の傾斜地にせよとのことで、泣く泣くあきらめました。

もっとも小屋も大混雑だそうで、当初から一人だけ小屋泊まり予定のメンバーのNさんの話しでも、
今夜の小屋宿泊は1畳に4人が寝るとのことで、枕無しで頭と足を交互に寝なければならないとのこと。さすがにこの時期はし方ないのでしょうね。


雨具と水とカメラの入ったサブザックひとつで私達は蓮華岳をピストンに向かいます。
それまで見えなかった剣岳の勇姿が後ろに望めると、今まで名前の判らなかった山が薬師岳と烏帽子岳と黒部五郎岳だと判明。
なんと槍に穂高まで見えているではありませんか?すれ違った人達は皆「この先コマクサがいっぱいありましたよ」と教えてくれます。
45分登っったところではお花畑があり、
シナノキンバイ、キバナシャクナゲ、チングルマ、コイワカガミ、タカネスミレ、イワベンケイが一面に咲いていまし た。
そしていよいよコマクサとのご対面です。時期にもよるのでしょうが、昨年八ヶ岳で見たのよりもこちらの方が幾分綺麗に思えました。
しかもあちらと違って、これでもかという程の植生保護の表示や立ち入り禁止のロープが少ないのが気に入りました。


今夜の夕食はちらし寿司におでんと茄子の生姜焼き。やっぱり山で食べる食事の美味いこ と。
食後、持参の冷酒を飲もうと小屋前のベンチに行きましたが、電話で聞いた奈良の暑さに比べ、ここでは寒いこと寒いこと
。諦めてすぐにシュラフにもぐりこんで寝ることにしました。


翌日はルートも長いので早く出発しようとしましたが、トイレ待ちに意外と時間がかかり6 時の出発。
針ノ木岳への道を高度を上げて行くとアオツガザクラやヨツバシオガマなどの花が道端に。
右手には険しそうなスバリ岳から種池まで続く、今日歩く従走路がとてつもなく長く伸びています。
綺麗なミヤマオダマキが咲く針ノ木山頂で記念撮影の後、最大の難所のスバリ岳へ向かうことにします。
石を落さないように急なガレ場を一旦鞍部に下り、スバリ岳へと登り返すと、左手下の黒部湖の水の色は一層綺麗なコバルト色となり、
遊覧船が描く白い波紋が 印象的です。
目を凝らすと大観望へのロープウェーが登って行くのが見えました。



スバリ山頂では缶詰のミツ豆を食べることにしました。
「ミツ豆はやっぱりミツ豆蓮華岳で食べないと・・・・(^^ゞ」どうも今日の私のおやじギャグはスベッてしまったみたいです(滑落注意)。
ダイナミックな剱岳の姿を見ながら従走路を赤沢岳へ進むとリンドウの花がたくさんあります。
はるか下の扇沢バスターミナルでキラキラ光るのは車でしょうか。
さきほどのリンドウがトウヤクリンドウに変わり始めるとそこは赤沢岳山頂。
急に扇沢の方からガスが湧き始め、残念ながら、剱・立山の山頂のみガスに隠れてしまいました。

ゴゼンタチバナの大群落を過ぎると鳴沢岳に到着。
大勢の団体さんが休んでいますが、良く見ると朝、同じような時刻に針ノ木を出発してきた人達で、抜きつ抜かれつでここまできたのでしょう。
ハクサンフウロが一杯咲いているお花畑を通ると、新越山荘が見えてきました。
もう我慢ならず550円の某飲料を口にする私。
喉を鳴らして味わってみた結果、とくにここの小屋の某飲料は美味しいみたいです。


右手下に大町市街が見下ろせる場所で携帯でのアクセスを試みたところ見事成功。
掲示板に全員元気で歩いている旨報告していると、突然目の前に、背中に子供を乗せたニホンザルが通りました。
他にも何匹かいるみたいですが人間に臆することなく悠々としています。
猿も綺麗なイワツメグサやシラネアオイの花を見にきたのでしょうか?

岩小屋沢岳山頂を過ぎると、種池山荘のテン場はもうすぐ。
昨夜の教訓か?気を利かせたKさんはテン場確保の為に、一足先に小屋に向かってくれました。
コースタイムより大幅に遅れて、すぐそこが種池というところで道の両側にキヌガサソウが。
その間を抜けると色とりどりのテントでびっしり埋まったテン場の一番奥で見覚えのあるテントが張ってあり、K先輩の誇らしげな顔がありました(感謝)。



長い時間の縦走ですっかりなくなってしまった水を小屋で購入すると、いよいよ夕食。
今夜はちょっと趣向を変えてマーボ春雨にホイコーロー、そうそうもろキューもありましたっけ。
特にマーボ春雨は美味しゅうございました。ハイ。

夜中にちょっぴり雨も降ったようですが、3時半に起きた翌朝は星が出ていて快晴は約 束されたようなもの。
私と「ぽろり」さんとNさんは4時からヘッドランプを頭に、爺ガ岳へご来光を見に行きました。
南峰山頂で待っていると中峰の右手から真っ赤なご来光が。
見る見るうちに双耳峰の鹿島槍ガ岳に光が射し、背後の剱・立山連峰が明るくなってゆくのを荘厳な気持ちで見つめていました。


あまりの感動に1時間も長居してしまい、テント場への到着がおそくなりましたが、今日は 柏原新道を扇沢に下るだけ。
昨夜はあれほどたくさんあったテントの数もすっかり少なくなったテン場で、遅い時間の大和の茶粥の朝食をゆっくり取ったあと、
暑い下界へと戻ってゆきまし た。


文・写 真:円の亡者