奈良山友会 山行の記録

例会山行
音羽三山〜飛鳥

2001年5月13日(日)
参加者11人

コースタイム
近鉄桜井駅8:26(バス)下居8:45-9:25観音寺9:35--10:10音羽山10:20-
10:35経ケ塚山-11:10熊ケ岳11:20-11:40反射板12:30-
12:45大峠-13:30不動滝-14:00談山神社西門-15:15石舞台-岡寺駅(解散)


 バスで登山口に降りたのは、リーダー以下9人で、まずは最初のピーク音羽山(852m)を目指して舗装された急坂を登り始めた。
新緑が美しく、足元にはシャガの花が私たちを迎えてくれた。

音羽山善法寺の大イチョウとシャクナゲ
音羽山善法寺の大イチョウとシャクナゲ

観音寺(善法寺)では、しゃくなげのうすいピンクの花がそれは見事に満開で、
山友会の美女連とその美しさを競い合って(?)いたとか・・・。
大きなイチョウの木もあって、秋なら黄葉が楽しめそう。

 それから先も、音羽山までは急登の連続で、
植林の中を歩くため日陰で助かったけれど、無風状態でかなり暑いし、足もだるくなった。

そろそろ登りがいやになったころに鞍部に出て、少し歩いて頂上についた。
頂上はブロックに書かれた標識だけで、展望はなかったが、真上を見れば空は真っ青で新緑との取り合わせは絶妙であった。

経ヶ塚山頂上
経ヶ塚山頂上

 2番目の経ヶ塚山(889m)へは、一度下ってから登り返して割と簡単にたどり着いた。
頂上には立派な石灯籠(経塚)があった。
この頂上はこの付近では珍しいコナラとツツジの林で、新緑が美しい。

 さらに南へ熊ケ岳(904m)を目指して進むが、時々尾根を吹き抜ける風が心地よい。
下っていく途中、目の前に熊ケ岳の雄大な姿が見えてきた。結構大きくて、立派に見える。
登るのが大変そうに思えたが、それほどでもなく約30分でササに覆われた頂上に到着した。

 熊ヶ岳頂上から20分、反射板のところで昼食タイムとなった。
ゼリー、ブドウなど次から次へと出てくる冷たいものに幸せな気分にひたっていると、
なんと今度はシュークリームがあらわれた(?)。

電車に乗り遅れたために不参加との連絡の入っていたKさんが、一人で追いかけて来られたのだ。
一同びっくりして、感激の対面となった。

合流後、大峠を越えて不動滝までひたすら下った。途中、蕨取りに興じけっこう収穫があった。
道路にでたところで、普通はバスに乗って終わりのはずが、
リーダーはそんな軟弱をゆるさず、談山神社から石舞台そして岡寺駅までずーっと歩くとおっしゃった。

談山神社では、朝から町内のどぶさらいをこなしてからあらわれたEさんと合流して総勢11人になった。
Eさんは、マットに寝っころがって「2時間も待ってた」(寝てた)らしい。

ここから先が思いの他、長く厳しい道のりであった。
日差しはきつく、口の中はネバネバになってくる。石舞台で飲んだ冷えたジュースのおいしかったこと。

最後は、八木西口の反省会でしめました。丸1日たっぷり歩かせてもらいました。
 リーダー、参加の皆様ご苦労様でした。

文:TOSEKO

音羽三山の遠望
音羽三山。左から音羽山、経ヶ塚山、熊ヶ岳